2013年12月29日日曜日

【CRAナカムラ】 ビスティ 「CR 蒼天航路」(MAX)


ビスティのぱちんこ遊技機「CR 蒼天航路」の何コレ!? 3ポイント!


非常に残念の塊

ちょうどこの機種の後に同メーカーからエヴァが出るという事で、まぁその何だ……最初からオトナノジジョー的な扱いでポツポツと売れた機械だね。
スペックにしろ演出にしろ、全体的なバランスにしろ、残念っ!な1台。
開き直ってギター侍とタイアップすべきだったと思われる。


絵がキモイ

通常は主にCGで構成される液晶なんだけど、たまにアニメ絵になったりもする。
このアニメ絵の動きが異常にスムーズで感動すら覚えるが、これこそまさに才能の無駄使いそのものである。……残念っ!そこはそんなに頑張らなくてイイですからっ!
元々、好き嫌いが分かれる絵のタッチなのは見ての通りで、演出バランスも酷い状況が重なると殺意さえ覚える。しかもMAX機。……切腹っ!


安心できる瞬間が全くないスペック

確変突入率85%、でもSTだから104回転抜けると通常に転落という鬼畜仕様!
そのかわりST抜けじゃなく、非確変を引いて終わる時は必ず16R当りを経由するんだけどね。
確変突入も100%じゃないし、STだからスルーに脅えなきゃならんしで、胃への負担はハンパないんだコレが。
無いとは思うが、もし「2」が出るなら波多陽区とのタイアップは必須である。



CR 蒼天航路

© 王欣太・李學仁 / 講談社
© Bisty