2014年5月16日金曜日

【ボンペイ吉田】 大一商会 「CR 遠山の金さん 燃えろ桜吹雪 KS-S」(甘デジ)


大一商会のぱちんこ遊技機「CR 遠山の金さん 燃えろ桜吹雪 KS-S」の何コレ!? 3ポイント!


図柄の後ろに注目してみて

背景に無数の人間がいますよね。二頭身のSDキャラだしポリゴンだし、手抜き感はすごいんだけど、「わしゃわしゃ居る人間達」というのは、それだけで生活感を生み、安心感へつながります。世界へ入り込むためのハードルを下げてくれるんです。他の機種を見てほしいんですけど、通常画面の背景って、意外と殺風景でしょ?


ここを把握しておくと面白くなる!

激アツは非常にシンプル。雷図柄揃い、てんとう虫柄、桜吹雪役モノ、群予告。続くごとに信頼度の高いリーチへ発展する疑似連など、大変分かりやすい。特にステップアップは、どれも5段階目に金さんを持ってきており、分かりやすさ絶頂です。また、味わってほしいのは右打ち開始時のタイミング。他機種とひと味違う「大当りの入り方」をご堪能ください。


なぜ遠山の金さんは何コレ化したか

液晶の手前にプラスチック板を挟んであり、かつ斬撃センサー演出でガラスに指紋が付きやすいため、液晶を視認しにくくなります。これが稼働の粘りに影響しました。また、そもそも、杉良太郎版の金さんは1975年から79年です。メガヒットとなった松方弘樹版は88年から96年まで放送されました。一般的には松方弘樹の「名奉行 遠山の金さん」ではないでしょうか。



CR 遠山の金さん 燃えろ桜吹雪

© 東映
© DAIICHI SHOKAI