2014年5月29日木曜日

【CRAナカムラ】 藤商事 「CR 新アレジンFPLZ」(ミドルスペック)


藤商事のぱちんこ遊技機「CR 新アレジンFPLZ」の何コレ!? 3ポイント!


これぞリメイク!

今現在アラフォー以上のパチンカーなら「アレジン」と聞くだけで脳内麻薬がピュイッ♪となる伝説的名機の忠実なリメイク機。

遠くから見ても思わず血沸き肉踊るアノ緑色の筐体に、デジタルがちょっと大きくなったくらいで盤面の柄まで初代を再現してくるあたり…この開発者は分かってる。


「いかに初代を再現するか」に特化した現代スペック

初代スペックの「モード移行」と「前兆ピュイッ♪」を再現するための潜伏確変多発スペックなので、ココを非難すべきじゃないし、敢えて嫌われやすいこのスペックで出してきたメーカーには愛を感じるんだ。

次は「エキサイト」の再現を是非ともお願い致します。


爆発力は初代以上

当たっても当たっても潜伏確変を繰り返し、イラッ!イライラッ!

ヘソからの大当たりの約15%しかない「確変電サポ付き」を引き当てるまでがひたすら苦行なんだが、思い返してみりゃ初代が当たるまでの拷問に比べたらそんなに酷いとは思えない気がする。

で、晴れて電サポ付き確変に突入すれば、73%ループ+確変から漏れても時短100回が付く!しかも!しかもですよ!確率は1/256の時短100回なんで、引き戻せる気がする!気がするだけかもしれないけど。



CR 新アレジン

© FUJISHOJI