2014年6月7日土曜日

【ボンペイ吉田】 平和 「CR めぞん一刻 桜の下で 9AU」(甘デジ)


平和のぱちんこ遊技機「CR めぞん一刻 桜の下で 9AU」の何コレ!? 3ポイント!


作品の概要

主人公の五代は貧乏な大学生。アパート管理人の響子に恋をする。しかし響子は未亡人。夫への想いを振り払えないまま生きていたが、ひょんなことから五代の恋心を知り、心揺れ動く。そんな響子に惚れるもう一人の男・三鷹や、五代に惚れる女子高生・八神。それらの関係を酒のネタにする一刻館の住人達を中心に展開するドタバタラブストーリー。


ここを把握しておくと面白くなる!

主要登場人物の名前は必ず数字が入り、それぞれ図柄に対応しているため分かりやすいでしょう。大当りへ至る本線は、チビキャラリーチ外れから役モノ発動を経由して、恋愛ストーリーリーチへの発展。上記ストーリー概要を把握しておくと、リーチの意味も理解しやすいよ。先読みドラマチックタイムからの流れも盛り上がって気持ちいい(当れば)。


なぜめぞん一刻2は何コレ化したか

潜伏確変比率が高く、なんと20%! 甘デジなのに潜伏から追い銭を求められ、かつ単発1回だけで終わるパターンも……。右打ち時、図柄変化から7のエピソードリーチになっても外れます。そこから復活で2Rのめぞんボーナスへ行ったりしますけど、サポ中の玉減りで追い銭というパターンも・・・。まあ、愛さえあれば関係ないよね。



CR めぞん一刻 桜の下で

© 高橋留美子 / 小学館
© 2011 HEIWA