2014年7月6日日曜日

【タカハシケンタロウ】 ビスティ 「パチスロ 機動戦士ガンダム」(ART)


ビスティのパチスロ遊技機「パチスロ 機動戦士ガンダム」の何コレ!? 3ポイント!


気合の空回りとはこのこと

一時、キラーコンテンツとまで云われた「ガンダム」ですから、メーカーも気合を入れたのは伝わってきます。下パネルに液晶組み込んだり、専用筐体にしたりね。ただ、気合の空回りとはこのことで、それがイマイチ伝わってこない。がんばったのは分かるけど、それだけという。なんとなーく悲しい台です。


原作ファンの逆鱗に触れるという失態!

リアルCGでガンダムを描き下ろしたほか、原作らしい演出も搭載。ハズレの連続が熱かったり、レバーで演出に参加できるなど新しいと言えば新しいのですが、それが結局、原作ファンの逆鱗に触れるという失態!悪くはないんだけど、良くもない。一言で言えば、エゴスロットです。


早々にオワコン化

そんなこんなな訳で、ぱちんこも合わせて早々にオワコンに仕立てあげた開発に脱帽!今後、「ガンダム」がリリースされても期待する人っていないんじゃないかしら?



パチスロ 機動戦士ガンダム

© 創通・サンライズ
© Bisty