2014年7月10日木曜日

【井上いちろう】 ニューギン 「戦国パチスロ 花の慶次 これより我ら修羅に入る」(AT)


ニューギンのパチスロ遊技機「戦国パチスロ 花の慶次 これより我ら修羅に入る」の何コレ!? 3ポイント!


可能性を秘めた保留システム

この台の特徴の一つに子役保留システムと言うものがあり、毎ゲーム保留玉を獲得保留玉の色はハズレや小役などで異なる色が出現する、これらが反映されるのが4G後。ここでATやAT自力チャンスゾーンの抽選が行われる。

言ってしまえばパチンコのようなものだが、こう言ったシステムは今後のパチスロ機にどんどん投入してほしい。


自力チャンスゾーン

AT直撃もあるが、やはりこの「傾奇ブレイク」とよばれる自力チャンスゾーン経由でのAT獲得が少なくない。チャンスゾーン突入後は4G間(継続あり)でAT突入抽選。

レア役などは高確率で当選する。まさにレバーの叩きどころ!


同じ原作者だけに・・・

黎明の刻と呼ばれるATは、「戦鬼」と「修羅」の2種類で修羅の方が擬似ボーナスである大攻城戦ボーナスに突入しやすい。ATと擬似ボーナスがループした時の勢いは役物などのド派手な演出も手伝ってすごく気持ちいい!

北斗転生のようにループさせてナンボなゲーム性だが、個人的にはレバーの叩きどころが多種多様で楽しく、熱く打てる部分は全く引けを取っていないと思う。



戦国パチスロ 花の慶次 これより我ら修羅に入る

© 隆慶一郎・原哲夫・麻生未央 / NSP 1990,版権許諾証 YKZ-226
© NEWGIN