2014年10月4日土曜日

【CRAナカムラ】 ビスティ 「CR ヱヴァンゲリヲン8 Extreme Battle」(ミドルスペック)


ビスティのぱちんこ遊技機「CR ヱヴァンゲリヲン8 Extreme Battle」の何コレ!? 3ポイント!


部材が余りましたか?

「エヴァ8」が出て甘デジも出て、完全に下火になってからのタイミングで謎リリースされたスペック違いのこの機種。

エヴァ8→売れると思ってめっちゃ作ったけどあんまり売れなかったNe☆ でもまぁ、まだ甘デジで裁けるから余裕余裕!甘デジ→うわっやべっ!全然売れなくて部品余りまくりなんですけどww→「8L」登場!、てな流れが非常に容易に想像できる、イヤな予感しかしない機種!それがこの「エヴァ8エクストリームバトル」だ!


基本的には演出そのままで尖りました。

「エヴァ8」とどう違うのかと言うと、一撃必殺性をトコトン強化した分潜伏ループとかで出玉出るまでの壁が高くなりました系だね。

電サポ中は16R×10カウント×賞球15のフルスペック出玉が50%もあるのが一番のウリで、時短まで含めると継続率は約80%。これ、北斗の拳5覇者とほぼ同じですからね。どれくらい凄いか分かるでしょ?


ヘソからの電サポ突入は30%

つまり確変に突入しようとしまいと、70%は時短も無しでまた通常時の打ち方に戻るワケ。で、30%の電サポ付きを引くまで無慈悲に繰り返される、救済処置なしの潜伏ループが待ち受ける。あ、ちなみに確変中は1/40なのでそこまで厳しくはない。乗り越えなくてはならないハードルが多いが、初当たりは1/299なので「何とかなりそう」な気がするところが心憎い逸品である。



CR ヱヴァンゲリヲン8

© カラー
© Bisty