2014年11月13日木曜日

【タカハシケンタロウ】 ニューギン 「パチスロ グラップラー刃牙 最大トーナメント編」(ART)


ニューギンのパチスロ遊技機「パチスロ グラップラー刃牙 最大トーナメント編」の何コレ!? 3ポイント!


通常時のコイン持ちがツライッ!

通常時は基本的に「強レア役待ち」。液晶下のカウントダウンが始まるレア役を引かないとうんともすんともしない。延々と刃牙が走ったり、ストレッチをする様を見つつ、純増2.0枚とは思えないコイン持ちの悪さで絶えないといけない。このあたり実にツライッ!


下パネルの点滅がウザイッ!

前兆ステージの「長寿の木モード」は下パネルが点滅していて実にうっとうしい。下パネルの点滅がこれほどうっとうしいとは思いもよらなかったので貴重な経験をした思いです。あと、私は一回もこれで当選したことがありません。実にツライッ!


猪狩さんはステキッ!

あまり綺麗に勝った事はない機種なんですが、対戦相手にアントニオ猪木そっくりの「猪狩さん」が出てくると安心できます。猪狩さんほぼ確定なんじゃないかなぁー。多分、確定濃厚だろうなぁーまだ、負けたことないし。というくらい安心できる猪狩さんは実にステキッ!



Not Found

© 板垣恵介 / FWD