2015年2月21日土曜日

【塚本ケースケ】 オリンピア 「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」(ART)


オリンピアのパチスロ遊技機「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」の何コレ!? 3ポイント!


長いタイトル名への挑戦

タイトル名が長い事に関して他の追随を許さない猪木シリーズのART機。

今機も猪木が世界中の人間にビンタしつつも森林伐採や動物密猟を阻止し、123ガールズとイチャイチャしまくると、プロレス要素は薄めです。上乗せ特化の闘魂RUSHでまともにプロレスしてくれる猪木の姿に「あっ、猪木ってプロレスラーなんだよな」と思い出させてくれる良台。


やはりプロレスしないと

プロレス好きとしては上乗せ特化は1G連、0G連の「いくぞーRUSH」より試合形式の「闘魂RUSH」の方が好き。猪木が技を決めるたび上乗せしていき勝利すれば継続と上乗せ+ボーナスの抽選と、猪木の名言じゃないですが「自分の力で勝ち取ってみろ!」感がありアツくなれるはず。


猪木シリーズ定番

パチンコ・スロット関わらず猪木シリーズの定番と言えば「道」演出。今機でもフリーズとして搭載されております。突入時はさながら詩の朗読会の来た客の様相で、猪木が朗読する詩を延々と聴くだけですが、当然爆連必至のプレミアですので大量出玉を狙うには出せたら歓喜の演出です。



アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機

© 2012 INOKI GENOME FEDERATION.