2015年2月17日火曜日

【タカハシケンタロウ】 大都技研 「吉宗」(AT)


大都技研のパチスロ遊技機「吉宗」の何コレ!? 3ポイント!


演出盛り込み過ぎ

4号機吉宗を発展継承した機械です。純増2.8枚 / GのゴリゴリのAT機ですが、演出が多く高確だけでも「高確 / 剣舞高確 / 家紋高確 / 超高確 / 祝高確」と多くの種類があります。種類が増えたために特別アツく感じるところは減ってしまい、イマイチ感情移入できないところが本機の弱点です。


AT機としてはひと昔前のゲーム性

本機は昨今の人気AT機が出る前にリリースされています。昨今人気のAT機は、シンプルで一撃性がある機械が好まれていますが、本機はそれとは全く逆です。演出が多く、ATはセット数・ゲーム数上乗せと継続率ループがあり、疑似ボーナスでは差枚数管理を盛り込むなど盛り込めるだけ盛り込んでいます。引くくらい乗ってしまう一撃契機もない訳ではないですが、ハードルが高く、そうした意味ではAT機の変遷の中では廃れてしまったゲーム性の台です。


プレミアが楽しい!

大都技研の遊技機で楽しいのは楽曲もさることながら、プレミアとして同社のキャラクターが多数登場するところでしょう。「押忍!番長シリーズ」や「秘宝伝シリーズ」をはじめ、「忍魂」やサボハニまで、馴染みのあるキャラクターが多数出るのは嬉しいところです。



吉宗

© DAITO GIKEN,INC.