2016年3月15日火曜日

【ハルシオン-ks-】 SANKYO 「パチスロ 修羅の刻」(AT)


SANKYOのパチスロ遊技機「パチスロ 修羅の刻」の何コレ!? 3ポイント!


小さな事故が大きな事故に……

AT中にちょっとでも昇竜乱舞で+10Gでも乗せようものならそこから繋がって繋がってうわあああああああああああ!!終わらないよおおおおおおお!!となることもしばしば。出玉スピードも現行機トップクラスなのではないかと思えるほどの速さで、一度こいつで一撃を味わうと中毒になること請け合い。


玉が集まっても沖田さんが持っていく

通常時はひたすら玉集め。最後の1個は嫌がらせのようにたまらない。イノシシに殺意を覚え始める頃、ようやく最後の1個をゲット。そして沖田さんにフルボッコにされる。その繰り返し。何が楽しいんだろうか、という遊技機にあるまじき疑問を持ち始める頃にATに突入し、終わらないよおおおを味わい、最初に戻る。そんな感じです。


タイアップ機であることを忘れれば至極

原作ファンはおそらく納得できないであろう、同じ演出の繰り返し。そして恐ろしく弱い主人公。ストーリーを楽しむスロットとしては致命的ですが、本当に出始めたら某神系スロットも真っ青な垂直昇り龍のグラフを描くので、とにかくこいつはコインを出す箱だと思えば良いのです。脳汁系スロッターは一度はあの狂った一撃を味わうべき。



パチスロ 修羅の刻

© 川原正敏 / 講談社