2017年1月12日木曜日

【塚本ケースケ】 大都技研 「バガナックルー」(AT)


大都技研のパチスロ遊技機「バガナックルー」の何コレ!? 3ポイント!


幸運の拳

出だしから失礼な言い方になり恐縮ですが通常時がものすごく辛い台ってありませんか?個人的にこの台がまさにそれ。

そのため小役が出た時の「何とかしたい感」は他の台より強い。ちなみにバガナックルーの意味は幸運の拳らしくまさに幸運にすがりたくなる何コレ!?台。


まずはベル連

通常時まずベルの連続演出に期待したい。

連続入賞するほどボーナス期待度が高まり上記に述べた通常地獄を脱出するチャンス。他の小役ではベル強化や天井の短縮抽選などの役割もあり演出が起こるたび期待感は高まり、ここでの押し順やリーチ目を楽しむのが通常時数少ない楽しみどころか。


目押し力

疑似ボーナスでは逆押しナビに注目したい。

ゲーム数の減算を止めるもので右リール下段に青7ビタ押しは必須。失敗したとしてもその後「アバウト目押しで約90%」か「ビタ押しで100%」成功の2種類を選ぶチャンスがあるも結局は最低限の目押し力は必要なので注意したい。




バガナックルー

© 2016 DAITO GIKEN,INC.