2017年5月9日火曜日

【塚本ケースケ】 北電子 「パチスロ おとめ妖怪ざくろ」(ART)


北電子のパチスロ遊技機「パチスロ おとめ妖怪ざくろ」の何コレ!? 3ポイント!


読解能力

とにかく自分の漢字読解能力のなさを痛感させられた何コレ!?台。
「西王母桃」「総角景」「芳野葛利劔」等のキャラクター名たちを作品を知らない僕が、当て字があるとはいえ、読めと言うのは無理。ART特化機としては意欲的な一台で、当時高評価だった良台。西王母桃で「ざくろ」って読むの?でしょ?


天井1280Gでも

この台天井が1280Gとなかなか深いですが、チャンス役等でゲーム数の短縮や自力解除ゾーンもあり、がっつりハマる事はほぼありません。むしろ1280Gハマった方は自慢して良いレベルなので自慢しましょう。ゲーム数は液晶画面で確認できるのでデータランプより液晶で調べるのがベスト。


2種類のART

ARTは「妖々RUSH」と上位ARTの「妖々RUSH・鬼」の2種類。

ここで楽しいのはART準備中に左右どちらかを押す事で赤7か白7がガチ抽選されていて、ここで赤7を射止める事が出来れば「妖々RUSH・鬼」への突入期待度が高まる。ART前からテンション上がる良システム。




パチスロ おとめ妖怪ざくろ

© 星野リリィ/幻冬舎コミックス・ざくろ製作委員会
© KITA DENSHI